ためる・ふやすかりる店舗・ATMトップ
地域密着金融
地域とのふれあい
まほろば王国銀行  昭和60年8月、高畠町の中心商店街に「まほろば王国」が誕生し、当信用組合は唯一の「まほろば国立銀行」に指定され、王国の共通商品券である「ワン券」等の取扱いを行っております。
右上の画像は「まほろば国立銀行」(当信用組合本店)
右下の画像は、新しくなった「1000ワン券」とデザインが一新された「500ニャン券」。
ワン券ワン券


社会福祉

  当信用組合は、平成5年9月の創立40周年記念事業において、高畠町、南陽市、米沢市に対し、社会福祉基金として各々100万円の寄付を行い、その後、毎年各50万円の寄付を、平成13年まで続けてまいりました。
  また、平成15年9月の創立50周年記念事業においては各々100万円を寄付いたしました。

 


出陣式

 本店所在地である高畠町には、三百余年の伝統を誇る「青竹ちょうちん祭り」があり、道筋の家々に赤い提灯を付けた青竹を飾って「八幡神社のみこし」を送迎したという伝統的な行事に由来するものです。
 毎年8月16日には総勢千数百名が参加する「民謡パレード」などが行われ、当信用組合では1975年(昭和50年)から役職員が毎年参加を続け、祭りを盛り上げております。写真は、出陣式のひとコマです。


 糠野目支店が店舗を構える糠野目地区には、カッパにまつわる伝説が伝わっており、毎年8月に地元住民らで組織する実行委員会主催の「まほろば河童まつり」が開かれ、かっぱみこしや、全長250メートルのかっぱ巻き作りなどが盛大に行われます。当店でも模擬店の出店やかっぱ巻き作りに参加しております。 河童まつりspace河童まつり2

 上杉まつりは、米沢上杉家の家祖である上杉謙信を祀る上杉神社と、直江兼続、上杉鷹山らを祀る松岬神社の春の例大祭として始まったもので、毎年4月29日から5月3日までの期間中に開催されるイベントのひとつに「民謡流し」があります。この「民謡流し」は、「米沢新調」(旧名称)を広く市民に普及させようという狙いから昭和40年に登場したパレードで、当信用組合では米沢地区店舗が毎年参加しております。

ページトップへ戻る



地域密着金融とは

 金融機関とお客様の間で親密な関係を永く維持することによりお客様に関する情報を蓄積し、金融機関とお客様が貸出等を通して信頼関係を構築し、金融サービスの提供を行うビジネスモデルを指しています。
 山形第一信用組合は、平成17年3月29日金融庁より公表された「地域密着型金融の機能強化の推進に関するアクションプログラム(平成17年〜平成18年度)」に基づき、地域金融機関に対して求められている「地域密着型金融推進計画」を策定いたしました。


【詳しくはこちらをご覧ください】

「地域密着型金融の進捗状況について」詳しくはディスクロージャーに記載しています。こちらをご覧ください。

pdf「地域密着型金融推進計画の進捗状況(要約)」 平成19年11月(PDF:24KB)

pdf「地域密着型金融推進計画の進捗状況(要約)」 平成18年11月(PDF:72KB)

pdf「地域密着型金融推進計画の進捗状況(要約)」 平成18年5月(PDF:27KB)

adobeロゴ PDFを見るにはAdobe Readerが必要です。 Adobe Readerをお持ちでない方は、こちらより最新版のAdobe Readerをダウンロードしてください。

ページトップへ戻る



CS活動

 「CS」とは、Customer Satisfaction(カスタマー サティスファクション)の略で、一般的には『お客さま満足』と訳されています。その意味としては、常に「お客さま第一」という考えに基づき、お客さまの期待に十分応えることで、お客さまに満足していただくことにあります。
 山形第一信用組合(理事長 鈴木貞一)は、お客さまに誠実さ謙虚さをもって接し、『この金融機関に来てよかった』『取引してよかった』と思い続けていただけるよう、お客さまの立場に立って物事を考え、行動することで、“CS地域ナンバーワン”を目指します。


【詳しくはこちらをご覧ください】

pdf「CS向上への取り組み」について 平成18年3月(PDF:176KB)

adobeロゴ PDFを見るにはAdobe Readerが必要です。 Adobe Readerをお持ちでない方は、こちらより最新版のAdobe Readerをダウンロードしてください。

「CS委員会決定事項」 平成18年4月

平成25年度CS活動状況「しんくみ営業店情報2013」 平成25年11月


ページトップへ戻る